石動そして小矢部市で90年以上 地域の皆様とともに

上田歯科医院は初代院長 上田馨が大正14年に旧石動町上新町の聖泉寺前で開院したのが始まりです。以来、90年以上石動町→小矢部市と共に過ごしてまいりました。これからもより皆様のお役に立てるよう、地域医療に貢献してまいりますのでよろしくお願い致します。

上田歯科医院のあゆみ

初代院長:上田馨(明治34年6月1日生)

大正12年 日本歯科医学専門学校(現日本歯科大学)卒業、

大正14年 旧石動町上新町にて上田歯科医院開院。

 上田歯科医院 開院の「広告」

昭和2年  旧石動町鍛治町へ移転

鍛治町 上田歯科医院前にて上田馨初代院長

昭和14年 旧石動町中新田町(現 小矢部市新富町)へ移転

昭和23年 上田昌 日本歯科医学専門学校卒業、二代目院長就任

新富町 旧上田歯科医院

昭和53年 医院新築

医院新築時写真

昭和54年 上田外喜男 副院長就任

 上田外喜男副院長時代

平成10年 上田外喜男 三代目院長就任

平成28年 上田昌和  副院長

 

 

4代受け継いできた、地域貢献へのこだわり

訪問歯科診療も行なっております。「入れ歯が合わない」「虫歯がある」「歯がグラグラで噛めない」などお口の中に問題があっても、お身体の都合によりどうしても通うことが出来な方のために訪問歯科診療を行なっています。

 

地域の子どものお口を守りたい

子どもの頃の虫歯や歯並びなどが大人になっても大きく影響します。歯の健康のためには、子どもの頃から虫歯にならない食生活や歯並びの悪くならない生活習慣を身につけることが大切です。