「ツルツルで輝く、白いセラミック」

セレック(CEREC)とは、1985年にスイス・チューリッヒ大学のWerner H. Mörmann教授らのグループが、ドイツ・シーメンス社と共同で開発したコンピューターで歯の被せ物や詰め物を設計し製作する「CAD/CAM」システムです。

 

  • 世界で最も選ばれているCAD/CAMシステム
  • 約30年間におよぶ継続的な研究開発
  • 2800万本以上の修復物が装着されています
  • 250を超える学術的臨床検証実績
  • 95%の長期残存率

デンツプライシロナ社サイトより引用

 

Cerecシステムの流れ

1.最新の3Dカメラで、お口の中を撮影します

2.撮影データから、お口の状態をPC画面で3Dで再現し、詰め物や被せ物を設計します

3.セラミックを削り出す専用の機械がそのデータをもとに、セラミックの詰め物やかぶせ物を作ります。

セレック治療のメリット

セラミックは天然の歯と同じような硬さと、自然な白さを持っています
また、硬すぎず、噛み心地もよく、口腔内、顎への負担も少ないのが特徴があります。

1.治療時間が短い

ほとんどの場合、約1時間という短時間で治療できます。
1回の治療で、セラミックを歯に装着できますので、通院回数が少なくてすみます。

2.品質の良いセラミックを使います。工場での厳しい規格に合格したセラミックブロックを使用します。気泡などの混入がなく、耐久性に優れた素材です。